就活・転職情報

希望年収の答え方|未経験でも使える実例と注意点まとめ

Desired annual income How to answer No experience

希望年収の答え方は未経験者にとって大きな悩みですよね。転職や初めての面接で「希望年収を教えてください」と聞かれると、どう答えれば良いか迷う方も多いでしょう。

実際、未経験からの転職で希望年収を適切に伝えるのは簡単ではありません。そこで今回は、未経験でも安心して答えられる希望年収の答え方と具体的な例文を紹介します。この記事を読んで、自信を持って面接に臨みましょう。

  • 希望年収を答える際の基本的なポイントと具体的な例文を理解できる
  • 希望年収の最低ラインを設定するための具体的な方法を学べる
  • 希望年収を聞かれた場合の答え方と注意点を知ることができる
  • 希望年収の具体的な金額設定と柔軟な答え方の重要性を理解できる

希望年収の答え方未経験でも安心!ポイントと注意点

How to answer your desired annual income Don't worry even if you have no experience! Points and precautions
  • 希望年収の答え方と例文
  • 希望年収の最低ラインはいくら?
  • 希望収入を聞かれたらどう答えれば良いか
  • 希望年収はどこまでの範囲で答えるべき?
  • 希望年収を低く言ってしまった時の対処法
  • 希望年収は貴社の規定に従いますと言うべき?
  • 希望年収が300万の現実と対策

希望年収の答え方と例文

希望年収を答える場面、緊張しますよね。でも、大丈夫です!ここでは、希望年収の答え方と具体的な例文を紹介します。未経験からの転職でも、しっかりと準備すれば自信を持って答えられますよ。

希望年収を答えるポイント

まず、希望年収を答える際の基本的なポイントを押さえておきましょう。以下の点に注意してください。

  1. 市場調査をする:応募する職種や業界の平均年収を事前に調べておきましょう。インターネット上の求人情報サイトや業界レポートなどを活用すると便利です。
  2. 自分のスキルと経験を考慮:未経験でも、これまでのスキルや経験が評価されることがあります。そのため、自分がどれだけ貢献できるかをアピールすることも重要です。
  3. 会社の規定に従う姿勢を見せる:希望年収を伝える際に、「御社の規定に従います」という柔軟な姿勢を示すと好印象を与えます。

例文

次に、具体的な例文を紹介します。これらの例文を参考に、自分の状況に合わせてアレンジしてください。

例文1:市場調査を基に答える場合 「未経験ではありますが、IT業界の平均年収が約400万円であることを調査しました。私のスキルと熱意を考慮し、希望年収としては400万円を期待しています。しかし、御社の規定に従います。」

例文2:自分のスキルと経験を強調する場合 「現在、未経験ですが、これまでにプロジェクトマネジメントの経験があります。これを活かし、早期に戦力となることを目指しています。希望年収は350万円ですが、御社の規定に従います。」

例文3:柔軟な姿勢を示す場合 「希望年収は350万円と考えていますが、御社の規定に従います。御社で成長し、貢献できるよう全力を尽くしますので、ぜひご検討ください。」

これらのポイントを押さえた答え方で、希望年収を自信を持って伝えましょう。次に、希望年収の最低ラインについて詳しく見ていきましょう。

希望年収の最低ラインはいくら?

希望年収を決める際に、最低ラインを考えることは非常に重要です。では、その最低ラインはどうやって決めればよいのでしょうか?ここでは、希望年収の最低ラインを設定するためのポイントを詳しく解説します。

自分の生活費を把握する

まずは、自分の生活費をしっかりと把握しましょう。毎月の家賃や食費、水道光熱費、通信費など、固定費を中心に計算します。さらに、交際費や趣味、貯金などの変動費も考慮に入れると、より現実的な数字が見えてきます。

業界や職種の平均年収を調査する

次に、希望する業界や職種の平均年収を調査します。インターネット上の求人情報サイトや、政府や業界団体が発行する統計データを活用すると便利です。これにより、自分の希望が市場価値と乖離していないか確認できます。

スキルと経験に基づく自己評価

未経験の場合でも、これまでの経験やスキルを活かせる部分があれば、その価値を評価に加えることが大切です。例えば、他業種で培ったマネジメントスキルやコミュニケーション能力が評価されることがあります。

企業の提示する給与範囲を確認する

応募する企業の求人票には、給与の目安が記載されていることが多いです。この範囲内で自分の希望年収を設定することが基本です。ただし、求人票に記載のない場合は、面接時に確認することが必要です。

最低ラインの例

実際の最低ラインを設定する際には、具体的な数値が必要です。例えば、

  • 「毎月の生活費が20万円なので、最低でも年収240万円が必要です」
  • 「業界の平均年収が400万円なので、最低でも350万円を希望します」

このように、具体的な数値と理由を挙げておくと、面接時にも説得力があります。

次に、希望収入を聞かれた際の具体的な答え方について詳しく見ていきましょう。

希望収入を聞かれたらどう答えれば良いか

希望収入を聞かれると、多くの人が戸惑う場面ですよね。この質問に対する答え方にはコツがあります。ここでは、その具体的な方法をご紹介します。

結論:希望年収を具体的かつ柔軟に伝える

まず、希望収入を尋ねられた場合の基本的な答え方は「具体的な希望年収を伝えつつ、柔軟性を示すこと」です。これは、企業側に自分の希望を理解してもらいながらも、交渉の余地を残すために重要です。

理由:希望年収を伝える理由

希望収入を聞かれるのは、自分の価値観や市場価値、そして企業の予算との適合性を確認するためです。適切な金額を伝えることで、企業に自分の価値を適切に評価してもらうことができます。

具体例:希望年収を伝える際の例文

以下に、具体的な答え方の例をいくつか紹介します。

  • 例文1: 「現在の年収が○○万円ですので、希望年収は○○万円を考えています。ただ、貴社の規定に従う意向です。」
  • 例文2: 「希望年収は○○万円ですが、仕事内容や役職に応じて柔軟に対応いたします。」
  • 例文3: 「私のスキルセットと経験を考慮すると、○○万円が妥当だと考えています。しかし、貴社の給与体系に合わせたいと考えています。」

これらの例文では、具体的な金額を示しつつも、企業側の意向を尊重する姿勢を示しています。これにより、面接官に対して誠実な印象を与えることができます。

次に、希望年収をどこまでの範囲で答えるべきかについて見ていきましょう。

希望年収はどこまでの範囲で答えるべき?

希望年収を答える際、どの範囲で答えるべきかは重要なポイントです。この項目では、希望年収をどの範囲で伝えるのが適切かを詳しく説明します。

結論:具体的な金額と幅を持たせて答える

希望年収を伝える際には、具体的な金額とその幅を持たせて答えることが重要です。これにより、企業側に柔軟な対応を期待できることを示し、自分の意図も明確に伝えられます。

理由:幅を持たせることで交渉の余地を残す

希望年収を具体的に答えることで、自分の期待や評価が明確になりますが、同時に幅を持たせることで、企業との交渉の余地を残すことができます。例えば、最低ラインと希望ラインを設定することで、企業側も予算内での対応がしやすくなります。

具体例:希望年収の答え方

以下に具体例を示します。

  • 例1: 「希望年収は500万円から600万円の範囲で考えています。仕事内容や役職に応じて柔軟に対応したいと思います。」
  • 例2: 「現在の年収が450万円ですので、希望年収は500万円程度を考えていますが、貴社の規定に従います。」
  • 例3: 「私の経験とスキルを考慮すると、希望年収は550万円から650万円が妥当だと思います。」

これらの例では、具体的な金額とその範囲を示しつつ、柔軟性を持たせています。このようにすることで、企業側も対応しやすくなります。

次に、希望年収を低く言ってしまった時の対処法について解説します。

希望年収を低く言ってしまった時の対処法

希望年収を低く言ってしまったときの対処法を知っておくと、面接での失敗を最小限に抑えられます。この項目では、希望年収を低く言ってしまった場合の具体的な対応策を紹介します。

結論:訂正のタイミングと方法を見極める

希望年収を低く言ってしまった場合、すぐに訂正することが重要です。ただし、タイミングと方法を見極めることが成功への道です。

理由:早めの訂正で信頼を維持する

早めに訂正することで、面接官との信頼関係を維持できます。適切なタイミングで誠実に訂正することで、自己評価の見直しとコミュニケーション能力の高さをアピールできます。

具体例:希望年収を低く言ってしまった場合の対応策

  1. 面接中に気づいた場合:
    • 「先ほど希望年収を低めに申し上げてしまいましたが、実際には○○万円を希望しております。前職での経験とスキルを考慮した結果です。」
  2. 面接後に気づいた場合:
    • 速やかに担当者に連絡し、メールや電話で訂正します。以下はメールの例です:
      • 件名: 希望年収の訂正について
      • 本文: 「先日の面接で希望年収をお伝えした際に、低めにお話ししてしまいました。正確には○○万円を希望しております。どうぞご検討のほどよろしくお願いいたします。」
  3. 最終面接後に気づいた場合:
    • 速やかに担当者に連絡し、状況を説明します。この際、訂正の理由を明確に伝えることが重要です。

注意点

  • 頻繁な訂正は避ける: 一度訂正したら、再度訂正することは避けるべきです。一貫性のない印象を与えてしまう可能性があります。
  • 根拠を示す: 訂正する際は、具体的な理由や根拠を示すことで、納得してもらいやすくなります。

このように、希望年収を低く言ってしまった場合でも、適切な対応を取ることで、信頼を維持しながら交渉を進めることができます。

次に、希望年収は貴社の規定に従いますと言うべきかについて解説します。

希望年収は貴社の規定に従いますと言うべき?

希望年収を尋ねられた際に「貴社の規定に従います」と答えるべきかどうか、迷う方も多いですよね。この答え方にはメリットとデメリットが存在しますので、具体的に見ていきましょう。

結論:状況に応じて使い分ける

「貴社の規定に従います」と答えるのは一つの手ですが、状況に応じて使い分けることが重要です。このフレーズを使うことで、柔軟性をアピールできますが、一方で自己評価の低さを示してしまうこともあります。

理由:企業の期待と自分の希望を調整するため

企業側は、応募者の希望年収を聞くことで、自社の採用条件に合致するかどうかを確認したいと考えています。また、応募者の自己評価や市場価値の認識も把握したいのです。「貴社の規定に従います」と答えることで、企業の期待に応える姿勢を示すことができますが、過度に低姿勢にならないように注意が必要です。

具体例:使い方のポイント

  1. 具体的な希望年収がない場合:
    • 「現在の年収は○○万円ですが、基本的には貴社の規定に従います。」
  2. 希望年収が高めの場合:
    • 「前職での経験とスキルを考慮すると、○○万円を希望しますが、貴社の規定に従う意向です。」
  3. 交渉の場面で使う場合:
    • 「現職の年収は○○万円です。可能であれば同等以上を希望しますが、基本的には貴社の規定に従います。」

注意点

  • 過度な柔軟性は禁物: 「貴社の規定に従います」ばかりを強調すると、自己評価が低いと思われる可能性があります。
  • 自己評価を示す: 希望年収を答える際には、自己評価や市場価値についてもきちんと伝えることが重要です。
  • 具体的な理由を添える: 自分のスキルや経験に基づいた希望年収を伝えたうえで、「貴社の規定に従います」と付け加えると、信頼感が増します。

このように、「貴社の規定に従います」というフレーズは、適切な場面で使うと効果的です。次に、希望年収が300万円の場合の現実とその対策について詳しく見ていきましょう。

希望年収が300万の現実と対策

希望年収が300万円という設定は、新卒やキャリアの初期段階にいる方々にとっては現実的なラインかもしれません。しかし、生活費や将来の計画を考慮すると、少し厳しいかもしれません。そこで、希望年収が300万円という現実とその対策について具体的に解説します。

結論:現実を受け入れ、スキルアップを図る

希望年収が300万円である場合、現実を受け入れつつ、自身のスキルを磨くことが重要です。これにより、将来的に年収アップを目指すことができます。

理由:生活費と将来の計画を考慮するため

現実的に、年収300万円では生活費や将来の貯蓄が十分でない可能性があります。特に都市部で生活する場合、家賃や生活費が高いため、余裕がない生活になるかもしれません。そのため、現実を理解し、次のステップを考えることが大切です。

具体例:具体的な対策方法

  1. 副業を考える:
    • 本業だけではなく、副業を考えることで収入を増やすことが可能です。例えば、フリーランスの仕事やアルバイトを活用する方法があります。
  2. スキルアップを目指す:
    • 専門スキルや資格を取得することで、昇給や転職による年収アップを狙えます。特にITや医療など、需要が高い分野のスキルは効果的です。
  3. 生活費の見直し:
    • 家計を見直し、節約できる部分を探すことで、少しでも余裕を持つことができます。例えば、固定費の見直しや、無駄な出費を減らすことが考えられます。
  4. キャリアプランを立てる:
    • 長期的な視点でキャリアプランを立て、自分がどのように成長していくかを考えることも重要です。これにより、具体的な目標を持って行動できます。

これらの対策を実践することで、希望年収300万円という現実を乗り越え、将来的に年収アップを目指すことができます。次は、未経験者向け希望年収の答え方のコツについてお話ししましょう。

未経験者向け希望年収の答え方のコツ

Tips on how to answer desired annual income for inexperienced people
  • 希望年収の答え方|転職活動での実例
  • 希望年収の答え方|新卒でも通用する方法
  • 希望給与を聞かれたらすぐに使えるフレーズ
  • 希望年収|書き方の基本
  • 希望年収|相場を知っておこう
  • 希望年収を伝える前に準備すること
  • 希望年収の伝え方で好印象を得る秘訣
  • 希望年収の答え方|未経験の場合を総括

希望年収の答え方|転職活動での実例

転職活動において希望年収を聞かれるのは、かなり重要な場面です。ここで適切に答えることができれば、良い印象を与えるだけでなく、自分の市場価値を正しく評価してもらうことができます。具体的な答え方について、以下のポイントに沿って説明します。

結論:希望年収は市場価値と企業の規定を考慮して答える

希望年収を答える際には、自分の市場価値と企業の給与規定を考慮して、現実的な金額を提示しましょう。

理由:現実的な希望年収は信頼感を生む

現実的な希望年収を提示することで、採用担当者に対して自分の価値を正しく認識していることをアピールできます。また、企業の予算内に収まる希望額を提示することで、交渉がスムーズになります。

具体例:実際の答え方

  1. 市場価値を調べる:
    • 転職サイトやエージェントを利用して、自分のスキルや経験に見合った市場価値を調べましょう。これにより、適正な希望年収を設定できます。
  2. 企業の給与テーブルを確認:
    • 応募する企業の給与テーブルや募集要項を確認し、希望年収が企業の範囲内に収まるように設定します。
  3. 具体的な答え方:
    • 面接で「希望年収はどのくらいですか?」と聞かれた場合の具体的な答え方は次の通りです。
      • 「私の希望年収は500万円です。ただし、貴社の規定に従いますので、詳細についてはご相談させてください。」
  4. 最低希望年収も伝える:
    • 希望年収とともに最低希望年収も伝えておくと、企業側も予算調整がしやすくなります。
      • 「希望年収は500万円ですが、最低希望年収は450万円と考えております。」

これらのポイントを押さえておくことで、希望年収を適切に伝えることができます。次は、新卒でも通用する希望年収の答え方について説明します。

希望年収の答え方|新卒でも通用する方法

新卒で初めての面接に臨む際、希望年収の質問にどう答えるかは大きな課題ですよね。ここでは、新卒でも通用する希望年収の答え方について具体的に説明します。

結論:柔軟な姿勢で希望年収を伝える

新卒の場合、実務経験がないため、希望年収を柔軟に伝えることが重要です。企業の規定に従う旨を伝えることで、前向きな姿勢を示しましょう。

理由:新卒は経験が乏しいため、企業の提示する条件に従うことが現実的

新卒の場合、実務経験がないため、自分の市場価値を正確に把握するのは難しいです。そのため、企業の給与規定に従うことで、企業側の期待に応えることができます。

具体例:実際の答え方

  1. 企業の提示する給与レンジを確認する:
    • 企業の募集要項や新卒採用ページで、提示されている給与レンジを確認します。
  2. 柔軟な姿勢を示す:
    • 希望年収を聞かれた際には、次のように答えると良いでしょう。
      • 「私の希望年収については、貴社の規定に従います。成長の機会をいただけることを重視しています。」
  3. 具体的な額を示す場合:
    • 企業の提示するレンジがある場合、その範囲内で希望額を伝えると良いです。
      • 「貴社の新卒初任給が300万円〜350万円と伺っておりますので、その範囲内で考えております。」
  4. 自分の成長意欲をアピール:
    • 希望年収だけでなく、自分の成長意欲やキャリアビジョンも伝えましょう。
      • 「将来的には、御社でスキルを磨き、さらなる成長を目指したいと考えています。」

このように、新卒で希望年収を聞かれた際には、柔軟な姿勢で答えることが重要です。次に、希望給与を聞かれた際にすぐに使えるフレーズを紹介します。

希望給与を聞かれたらすぐに使えるフレーズ

面接で希望給与を聞かれると、何と答えたら良いのか迷ってしまいますよね。そんな時に使えるフレーズをいくつか紹介します。これで、面接の場でもスムーズに答えられるようになります!

フレーズ1:企業の規定に従う場合

「希望年収については、貴社の規定に従いたいと考えています。」

このフレーズは、企業の給与体系に従う意思を示すことで、面接官に前向きな印象を与えることができます。

フレーズ2:柔軟な姿勢を示す場合

「私の希望年収は、役職や仕事内容に応じて柔軟に対応したいと思っています。」

このフレーズは、仕事内容に応じて調整する意欲を示し、企業側の評価を上げることができます。

フレーズ3:具体的な金額を提示する場合

「私の希望年収は400万円ですが、最低でも350万円は頂きたいと考えています。」

具体的な金額を提示する場合には、希望額と最低希望額を明確に伝えることで、交渉の余地を残します。

フレーズ4:前職の年収を参考にする場合

「前職では年収350万円を頂いておりましたので、それを参考に希望しております。」

前職の年収を基準にすることで、現実的な希望額を示しやすくなります。

フレーズ5:成長意欲をアピールする場合

「御社での成長を重視しておりますので、年収は貴社の評価に従いたいと思います。」

成長意欲を強調することで、企業側に好印象を与えることができます。

これらのフレーズを使うことで、面接の場で希望給与についてスムーズに答えられるでしょう。次は、希望年収の書き方の基本について説明します。

希望年収|書き方の基本

希望年収を書く際には、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。これらの基本を理解しておくことで、採用担当者に対して良い印象を与えることができます。

1. 現職の年収を基準にする

まず、自分の現職の年収を基準にすることが一般的です。現職の年収がわからない場合は、給与明細や源泉徴収票を確認しましょう。

2. リサーチを徹底する

希望年収を設定する前に、同業種や同職種の平均年収を調べることが重要です。求人サイトや転職エージェントのデータを活用しましょう。

3. 実績やスキルを考慮する

自分の実績やスキルをアピールポイントにすることで、希望年収の説得力が増します。具体的な成果やスキルを明確に記載しましょう。

4. 範囲を設定する

希望年収を設定する際は、幅を持たせることが賢明です。例えば、「希望年収は400万円〜450万円です」といった具合に記載すると、企業側も柔軟に対応できます。

5. 書き方の例

具体的な書き方の例を以下に示します。

例1:現職の年収を基準にする場合 「前職の年収が350万円でしたので、同程度またはそれ以上の年収を希望しております。」

例2:リサーチを基にする場合 「市場の平均年収を考慮し、希望年収は400万円〜450万円とさせていただきます。」

例3:実績を強調する場合 「前職での実績を踏まえ、希望年収は500万円を希望しております。」

これらのポイントを押さえて、希望年収を記載することで、採用担当者に対して自信を持って自分の価値を伝えることができます。次に、希望年収の相場について詳しく見ていきましょう。

希望年収|相場を知っておこう

希望年収を設定する際には、相場を知っておくことが非常に重要です。相場を理解することで、自分の希望年収が現実的かつ適切であるかを判断できます。以下のポイントに注意しながら相場を把握しましょう。

1. 業種・職種別の平均年収を調べる

まず、自分が応募しようとしている業種や職種の平均年収を調べましょう。これは求人サイトや転職エージェントのデータを参考にすることができます。

2. 経験年数による違いを確認

同じ職種でも、経験年数によって年収は大きく異なります。例えば、新卒と中途採用では期待される年収が違うため、自分の経験年数に合った相場を確認することが大切です。

3. 地域別の年収差を考慮

地域によっても年収に差があります。都市部と地方では生活費や企業の規模が異なるため、希望する勤務地の相場を調べることも忘れないでください。

4. 実際の求人情報をチェック

具体的な求人情報をチェックして、自分の希望職種の年収レンジを確認しましょう。これは自分の希望年収が企業の提示する範囲内にあるかを確認するために役立ちます。

5. 転職エージェントに相談

転職エージェントは最新の市場情報を持っているため、彼らに相談することで正確な相場を知ることができます。また、エージェントは自分のスキルや経験に基づいた適切な年収を教えてくれることもあります。

これらの方法を活用して、希望年収の相場をしっかりと把握しましょう。次に、希望年収を伝える前に準備するべきことについて詳しく見ていきます。

希望年収を伝える前に準備すること

希望年収を面接で伝える前に、しっかりと準備をしておくことが大切です。この段階での準備が、その後の交渉や採用の決定に大きく影響します。以下のポイントに注目して準備を進めましょう。

1. 自分の市場価値を把握する

自分のスキルや経験が市場でどの程度の価値があるのかを理解することが重要です。これには、以下の手段があります:

  • 求人サイトで同じ職種の給与情報を確認
  • 転職エージェントに相談して市場の動向を教えてもらう

2. 企業の給与レンジを調べる

応募する企業の給与レンジを事前に調査しておくことで、現実的な希望年収を設定できます。企業の採用ページや口コミサイト、または直接問い合わせることも有効です。

3. 自分の経済状況を確認する

現在の生活費や将来の目標に基づいて、必要な年収を算出しておきましょう。これにより、最低限譲れない年収ラインが明確になります。

4. 具体的な数字を用意する

希望年収は具体的な数字で伝えることがポイントです。漠然とした表現ではなく、例えば「希望年収は500万円です。ただし最低でも450万円は必要です」といった形で明確に伝えましょう。

5. 面接練習をする

実際に面接官から希望年収を尋ねられた際にスムーズに答えられるよう、練習しておくことも大切です。家族や友人に協力してもらい、ロールプレイを行うと良いでしょう。

このようにしっかりと準備をしておくことで、希望年収を自信を持って伝えることができます。次に、希望年収の伝え方で好印象を得る秘訣について見ていきましょう。

希望年収の伝え方で好印象を得る秘訣

希望年収を伝える際に、面接官に好印象を与えるためのコツがあります。適切に伝えることで、あなたのプロフェッショナルさや誠実さをアピールできます。以下のポイントを押さえて、面接官に良い印象を与えましょう。

1. 自信を持って具体的に伝える

希望年収を伝える際は、具体的な数字を明確に示すことが大切です。「希望年収は○○万円です」とはっきり述べましょう。自信を持って伝えることで、面接官にも信頼感を与えます。

2. 理由を添える

単に希望年収を伝えるだけでなく、その理由を説明することが効果的です。例えば、「私のスキルセットや業界の平均年収を考慮して、この金額を希望しています」といった具合に、根拠を示しましょう。

3. 柔軟性を示す

希望年収を伝えた後に、「ただし、御社の規定や他の条件も考慮して柔軟に対応します」と付け加えることで、面接官に対する配慮と柔軟性をアピールできます。

4. ポジティブな姿勢を見せる

年収交渉の場でも、ポジティブな姿勢を忘れずに。「御社での業務を通じて、さらなる成長を目指し、その成果に応じた評価をいただけるよう努めます」と伝えることで、前向きな姿勢を示しましょう。

5. 面接官の反応を観察する

希望年収を伝える際、面接官の反応をしっかりと観察しましょう。表情や態度から反応を読み取り、柔軟に対応することが求められます。相手のニーズや懸念を理解し、適切に対応することが重要です。

6. 練習を重ねる

事前に練習を重ねておくことで、本番での自信につながります。友人や家族に協力してもらい、シミュレーションを行うと良いでしょう。リアルな状況を想定して練習することで、本番でもスムーズに対応できます。

これらのポイントを押さえて希望年収を伝えることで、面接官に好印象を与え、自分の価値を適切に伝えることができます。次に、希望年収を伝える際の注意点について見ていきましょう。

希望年収の答え方|未経験の場合を総括

How to answer your desired annual income Summary of cases with no experience
  • 市場調査を行い、応募する職種や業界の平均年収を把握する
  • 自分のスキルと経験を考慮し、どれだけ貢献できるかをアピールする
  • 会社の規定に従う姿勢を見せることが重要
  • 希望年収を具体的な金額で示しつつ柔軟性を持たせる
  • 自分の生活費を把握し、最低限必要な年収を計算する
  • 業界や職種の平均年収を調べ、自分の希望が市場価値と一致しているか確認する
  • 応募する企業の給与範囲を確認し、その範囲内で希望年収を設定する
  • 面接で希望年収を低く言ってしまった場合、早めに訂正する
  • 希望年収は「貴社の規定に従います」と答えるべきかを状況に応じて判断する
  • 希望年収が300万円の場合、現実を受け入れつつスキルアップを図る
  • 未経験者は希望年収を答える際、柔軟性と成長意欲を示す
  • 転職活動では市場価値と企業の規定を考慮して希望年収を答える
  • 新卒は希望年収を企業の提示する範囲内で柔軟に伝える
  • 希望年収を聞かれた際に使える具体的なフレーズを用意しておく
  • 希望年収を書く際は現職の年収、リサーチ結果、実績を基に具体的に記載する
ABOUT ME
chop
初めまして。人事課長CHOPのNOTEを編集している40代のおじさんです。 本業は、中小企業で人事職をしています。 このブログを編集しているきっかけは、自社の従業員の相談にのるうちに、身近な人だけではなく、より多くの方達に発信してみたくなったことがきっかけです。 このブログを通して、間接的ではありますが、仕事で悩む方達の心が少し手でも軽くなると幸いです。 chopの経歴: 司法書士事務勤務→ITベンダー企業で総務職→現在は従業員1,500人規模の民間企業の人事労務課課長。専門は人事労務・求人管理