仕事お役立ち情報

Awarefy使ってみた感想!心と体のケアに役立つアプリの実力とは

I tried using Awarefy

日々のストレスや不安に悩まされていませんか?自分自身を見つめ直す時間がなかなか取れないという方も多いでしょう。Awarefyは、そんな忙しい現代人の心のケアをサポートするアプリです。

今回はAwarefyを実際に使ってみた体験をもとに、アプリの特徴と効果について詳しくご紹介します。心のバランスを取り戻すための新しい方法を探している方はぜひ参考にしてみてください。

  • Awarefyの主な特徴と機能について理解できる
  • Awarefyの口コミと使ってみた感想を知ることができる
  • Awarefyの利用による具体的な効果を把握できる
  • Awarefyの無料プランと有料プランの違いについて理解できる

Awarefy使ってみた感想と特徴

Impressions and features of using Awarefy

Awarefyの特徴とは?

【Awarefy】は、心のケアに特化したスマートフォンアプリです。このアプリは、日々のメンタル状態を記録し、自分自身を客観的に見つめ直すためのツールとして非常に有用です。具体的な特徴を以下にまとめました。

心と体の状態を記録

Awarefyでは、毎日の心と体の状態を5段階の評価で記録できます。朝と夜にアプリから通知が届き、その日の体調や気分をチェックイン・チェックアウトする仕組みです。このデータはグラフ化されるので、自分の体調や感情の傾向を一目で把握できます。

認知行動療法(CBT)プログラム

Awarefyの大きな特徴は、認知行動療法(CBT)のプログラムが豊富に用意されている点です。認知行動療法とは、ネガティブな思考パターンを見直し、より健全な思考に変えるための心理療法です。Awarefyでは、「うつに備えるスキル」や「ぐっすり眠れるスキル」など、さまざまなテーマに応じたプログラムが提供されています。

マインドフルネス瞑想ガイド

マインドフルネス瞑想のガイドも豊富に取り揃えています。これにより、リラックスしたり、ストレスを軽減したりする手助けをします。音声ガイドを聞きながら瞑想を行うことで、日々のストレスを軽減し、心の安定を図れます。

AIチャット機能

Awarefyのもう一つのユニークな機能が、AIチャットです。悩みや不安をAIに相談でき、AIからのアドバイスや励ましのメッセージを受け取れます。これは、誰かに話を聞いてもらいたいけど、身近に相談相手がいないときに非常に役立ちます。

無料と有料プランの選択肢

Awarefyには無料プランと有料プランがあり、どちらも試すことができます。無料プランでも基本的な機能を十分に活用できますが、有料プランではさらに多くの機能やプログラムを利用可能です。プレミアムプランでは、詳細な記録や追加の認知行動療法プログラムを使えるようになります。

以上がAwarefyの主な特徴です。次に、実際に使った方々の口コミを見てみましょう。

Awarefyの口コミ

Awarefyを実際に利用したユーザーからの口コミを紹介します。多くのユーザーがこのアプリを使って、どのように感じたのかを見てみましょう。

使いやすさについて

多くのユーザーがまず口にするのは、Awarefyの使いやすさです。特に、アプリのインターフェースが直感的で、誰でも簡単に使いこなせる点が高評価です。例えば、あるユーザーは「毎日のチェックインとチェックアウトが簡単にできるので、続けやすいです」とコメントしています。

効果の実感

多くのユーザーが効果を実感しています。特に、メンタルの安定や感情のコントロールができるようになったという声が多いです。「3週間使い続けて、精神が安定してきました。感情のコントロールがしやすくなりました」という口コミがその一例です。

AIチャットの評価

AIチャット機能も高評価です。ユーザーはAIとの対話を通じて、自分の悩みを整理しやすくなったと感じています。「AIに悩みを話すことで気持ちが楽になりました。人に言いにくいことも話せるので助かります」というコメントが寄せられています。

無料版の満足度

無料版でも多くの機能が使える点もユーザーに喜ばれています。「無料版だけでも十分に使えます。特に、毎日のメンタルチェックが便利です」という口コミがあります。無料版でも基礎的な機能を十分に体験できるのがAwarefyの魅力です。

デメリット

一方で、Awarefyにはデメリットもあります。例えば、「多機能すぎて、どこから手をつけていいかわからない」という意見もあります。初めて使う人にとっては、最初の設定や使い方に戸惑うことがあるかもしれません。

このように、Awarefyの口コミからは、使いやすさと効果の高さが伺えます。次に、具体的な効果について詳しく見ていきましょう。

Awarefyの効果

Awarefyを使用することで得られる効果について紹介します。多くのユーザーがこのアプリを利用して、具体的なポジティブな変化を実感しています。ここでは、その効果について詳しく見ていきましょう。

感情のコントロールがしやすくなる

まず、Awarefyを使うと感情のコントロールがしやすくなります。毎日の心と体の状態を記録することで、自分の感情の傾向を把握しやすくなります。例えば、あるユーザーは「Awarefyを使うことで、一日の感情の波を客観的に見ることができ、落ち着いて対処できるようになりました」と述べています。

メンタルの安定

Awarefyはメンタルの安定にも役立ちます。認知行動療法(CBT)やマインドフルネス瞑想のガイドを活用することで、ストレスや不安を軽減し、心の安定を図ることができます。例えば、「毎日の瞑想ガイドを利用することで、仕事のストレスが軽減され、心が穏やかになりました」という口コミもあります。

自己理解の向上

Awarefyは自己理解を深める手助けもしてくれます。AIチャット機能を使って、自分の感情や思考を整理することで、自分自身をよりよく理解することができます。「AIとの対話を通じて、自分の思考パターンを見直し、改善することができました」という声も寄せられています。

日々のルーティン化

さらに、Awarefyは日々のセルフケアをルーティン化するのに役立ちます。定期的なチェックインとチェックアウトの習慣がつくことで、自分の心と体の状態を常に把握し、適切な対策を講じることができます。「毎日のルーティンとしてAwarefyを使うことで、心身のバランスが保てるようになりました」という意見も多く見られます。

このように、Awarefyを利用することで、感情のコントロール、メンタルの安定、自己理解の向上、日々のルーティン化といった効果を実感できます。次に、セルフ認知行動療法アプリとしてのAwarefyの魅力について見ていきましょう。

セルフ認知行動療法のアプリとしての魅力

Awarefyは、セルフ認知行動療法(CBT)アプリとして、多くの魅力があります。このアプリを利用することで、日常生活の中で自分の心の状態を把握し、健全な思考パターンを養うことができます。それでは、具体的にどのような魅力があるのか見ていきましょう。

認知行動療法プログラムの充実

Awarefyには、さまざまな認知行動療法のプログラムが用意されています。例えば、「人付き合いで疲れないスキル」や「ネガティブな感情を落ち着かせるスキル」など、ユーザーのニーズに応じたプログラムを選択して実践できます。これにより、自分に合ったセルフケアが可能になります。

簡単に続けられる仕組み

毎日の心と体の状態を記録する機能は、シンプルで続けやすいです。チェックイン・チェックアウトを行うだけで、自分の状態を客観的に見つめることができるため、無理なく習慣化できます。忙しい日々の中でも、手軽にセルフケアを取り入れられる点が魅力的です。

マインドフルネス瞑想のガイド

Awarefyは、マインドフルネス瞑想のガイドも提供しています。これにより、ユーザーはストレスを軽減し、心の安定を図ることができます。音声ガイドを聞きながらの瞑想は、初心者でも簡単に取り組めるので、誰でも気軽に始められます。

AIチャットによるサポート

AwarefyのAIチャット機能は、セルフ認知行動療法を支える強力なツールです。AIがユーザーの悩みを聞き、適切なアドバイスを提供することで、心の負担を軽減します。また、AIとの対話を通じて、自分の考えを整理する手助けをしてくれるため、より深い自己理解が可能です。

データの可視化

日々の心と体の状態をグラフ化してくれる機能もあります。これにより、自分の感情の変化や傾向を一目で把握できるため、セルフケアの効果を実感しやすくなります。視覚的にデータを確認することで、モチベーションの維持にも繋がります。

このように、Awarefyはセルフ認知行動療法アプリとして、多くの魅力を備えています。次に、Awarefyの無料プランでできることについて詳しく見ていきましょう。

Awarefy 無料でできること

Awarefyは無料プランでも多くの機能を提供しており、初めて使う方でも十分にその魅力を体験できます。ここでは、無料で利用できる具体的な機能についてご紹介します。

心と体のコンディションチェック

毎日の心と体の状態を記録する「コンディションチェック」が無料で利用できます。これにより、自分の感情や体調の変化を簡単に把握できます。記録はグラフ化され、傾向を視覚的に確認できるため、自己管理に非常に役立ちます。

感情メモ

感情の変化を日々記録する「感情メモ」機能も無料で利用可能です。感情メモをつけることで、どのような出来事が自分の感情に影響を与えるのかを理解しやすくなります。これにより、感情のトリガーを把握し、適切な対応策を見つけることができます。

基本的な認知行動療法プログラム

Awarefyでは、基本的な認知行動療法(CBT)のプログラムも無料で利用できます。これらのプログラムを通じて、自分の思考パターンを見直し、より健康的な思考に変える方法を学べます。例えば、「うつに備えるスキル」や「ネガティブな感情を和らげるスキル」などのプログラムが含まれています。

一部のマインドフルネス瞑想ガイド

無料プランでも、一部のマインドフルネス瞑想ガイドを利用できます。これにより、日々のストレスを軽減し、リラックスするための瞑想を手軽に始めることができます。音声ガイドに従うだけで、誰でも簡単に取り組むことができます。

無料プランの制限について

無料プランにはいくつかの制限がありますが、それでも基本的なセルフケアには十分です。例えば、AIチャットの回数や利用できる認知行動療法プログラムの種類には制限がありますが、それでも日常的なメンタルケアには問題なく利用できます。

以上のように、Awarefyの無料プランでも多くの機能を利用でき、初めての方でもセルフケアをしっかりと行うことができます。次に、Awarefyの有料プランの魅力について詳しく見ていきましょう。

Awarefyの有料プランの魅力

Awarefyの有料プランは、無料プランでは体験できない多くの魅力的な機能を提供しています。ここでは、有料プランで利用できる具体的な機能とそのメリットについて詳しく紹介します。

充実した認知行動療法プログラム

有料プランでは、認知行動療法(CBT)のプログラムがさらに充実しています。全11種類のプログラムが用意されており、例えば「自己肯定感を高めるスキル」や「ストレス管理のスキル」など、多様なニーズに応じたプログラムを受けることができます。これにより、個々の悩みに対してより効果的に対処できます。

プレミアムAIチャット機能

有料プランでは、AIチャット機能がさらにパワーアップします。無料プランでは1日3回までのチャットが可能ですが、有料プランではこの制限がなくなり、より頻繁にAIに相談することができます。これにより、日常のストレスや悩みをリアルタイムで解決できるサポートが受けられます。

拡張されたマインドフルネス瞑想ガイド

有料プランでは、250種類以上のマインドフルネス瞑想ガイドが利用可能です。これには、寝付けない時、集中力を高めたい時、ストレスを感じた時など、様々なシチュエーションに対応したガイドが含まれています。これにより、自分の状態に合わせて最適な瞑想を選ぶことができます。

詳細な感情メモと分析機能

有料プランでは、感情メモの機能がさらに拡張されます。感情の変化や傾向をより詳細に記録し、分析することができます。これにより、自分の感情パターンを深く理解し、適切なセルフケアを行うための具体的な対策を立てることができます。

専用のセルフケアプラン作成

有料プランでは、自分専用のセルフケアプランを作成することができます。これには、日々のルーティンや特定の課題に対する対処法を組み合わせて、最適なセルフケアを実践できるようにサポートしてくれます。これにより、個々のニーズに合ったケアを日常に取り入れることができます。

このように、Awarefyの有料プランには多くの魅力的な機能が詰まっています。次に、実際にAwarefyを使ってみた方々の口コミや解約方法について詳しく見ていきましょう。

Awarefy使ってみた:口コミや解約方法

I tried using Awarefy Reviews and cancellation method

Awarefyを退会できない噂はほんとか?

【Awarefy】を利用していると、一部のユーザーから「退会ができない」という噂を耳にすることがあります。そこで、本当に退会が難しいのかについて詳しく調べてみました。

退会手続きの方法

まず、Awarefyを退会する手続きは非常にシンプルです。アプリの設定メニューから「アカウント設定」に進み、「退会」を選択するだけで完了します。手続き自体は簡単で、特別な手順や条件はありません。

噂の原因

では、なぜ「退会できない」という噂が広まったのでしょうか?その原因は、おそらく一部のユーザーが手続き方法を知らなかったり、操作ミスをしていたりしたことにあると考えられます。また、アプリのインターフェースが初めての人には分かりづらい部分があったかもしれません。

注意点

退会を行う際に注意が必要なのは、退会すると全てのデータが削除されるという点です。これには過去の感情記録や認知行動療法の進捗データも含まれるため、必要なデータは事前に保存しておくことをお勧めします。また、有料プランを利用している場合は、事前にプランの解約も必要です。

サポート体制

もし退会手続きがうまくいかない場合でも、Awarefyのサポートチームに問い合わせることで解決できます。サポートへの連絡先は、アプリ内の「サポート」メニューから確認できます。

このように、Awarefyの退会手続きは決して難しくありません。次に、途中解約について詳しく見ていきましょう。

Awarefyの途中解約はできますか?

Awarefyの途中解約について、具体的にどのように行えばよいのかを詳しく説明します。多くのユーザーが途中解約を心配する理由は、手続きがわかりづらいのではないかという点です。ここでは、その手順と注意点について解説します。

途中解約の可否

まず、Awarefyの有料プランは途中解約が可能です。ユーザーはいつでも有料プランを解約することができ、解約した時点から次の請求は発生しません。ただし、既に支払った料金の返金は基本的に行われないため、利用期間中にしっかり活用することをおすすめします。

解約手続きの手順

途中解約の手続きは以下のように行います:

  1. アプリを開く:Awarefyのアプリを開き、ホーム画面から設定メニューに進みます。
  2. アカウント設定を選択:設定メニューの中から「アカウント設定」を選びます。
  3. プラン管理を選択:アカウント設定の中にある「プラン管理」メニューをクリックします。
  4. 解約手続きを行う:プラン管理画面で「解約する」ボタンを押し、画面の指示に従って手続きを進めます。

注意点

途中解約を行う際に注意すべき点はいくつかあります。まず、解約手続きを完了すると、次回の請求から課金が止まりますが、現在の利用期間は継続して利用できます。また、解約手続きを行う前に、必要なデータをバックアップしておくことをお勧めします。特に、感情メモや認知行動療法プログラムの進捗データは重要です。

サポートの利用

解約手続きに不安がある場合や問題が発生した場合は、Awarefyのサポートチームに連絡することができます。サポートへの問い合わせ方法は、アプリ内の「サポート」メニューから確認できますので、困ったときは積極的に利用しましょう。

次に、具体的な解約手順についてさらに詳しく見ていきましょう。

Awarefyの解約手順

Awarefyの解約手順について詳しく解説します。初めて解約をする方でもスムーズに進められるように、具体的なステップを説明しますので、参考にしてください。

解約手順のステップ

Awarefyの解約はシンプルな手続きで完了します。以下の手順に従ってください。

  1. アプリを起動:まず、Awarefyのアプリをスマートフォンで起動します。
  2. 設定メニューを開く:ホーム画面から「設定」メニューを選択します。
  3. アカウント設定を選択:設定メニュー内にある「アカウント設定」をクリックします。
  4. プラン管理に進む:アカウント設定の画面で「プラン管理」を見つけてクリックします。
  5. 解約するを選ぶ:プラン管理画面で「解約する」ボタンを押します。
  6. 確認メッセージに応答:解約を確認するメッセージが表示されるので、「はい」や「確認」を選んで解約手続きを進めます。
  7. 手続き完了:解約手続きが完了すると、次回の請求から有料プランの課金が停止されます。

注意点

解約する際には、以下の点に注意してください:

  • データのバックアップ:解約する前に、必要なデータ(感情メモやプログラムの進捗など)をバックアップしておきましょう。解約後はアクセスできなくなる可能性があります。
  • 次回請求日:解約手続きが完了しても、既に支払った期間はそのまま利用できます。次回の請求日から課金が停止されます。
  • サポートの利用:解約手続きに問題が発生した場合は、Awarefyのサポートチームに問い合わせることができます。アプリ内の「サポート」メニューから簡単に連絡できます。

解約手続き後の処理

解約が完了すると、すぐに確認メールが届きます。また、アプリ内の有料機能が使えなくなりますが、無料プランの機能は引き続き利用可能です。必要に応じて、再度有料プランに登録することもできます。

以上がAwarefyの解約手順です。次に、Awarefyのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

Awarefyのデメリット

Awarefyは多くのメリットを持つアプリですが、利用する際にはいくつかのデメリットも理解しておく必要があります。ここでは、実際にユーザーが感じたデメリットについて詳しく解説します。

機能が多すぎて使いこなしにくい

まず、Awarefyには多くの機能が搭載されているため、初めて使うユーザーにとってはその豊富さが逆にデメリットとなることがあります。特に、何から始めれば良いのかわからず、戸惑ってしまうことがあるようです。多機能ゆえに、使いこなすまでに時間がかかる場合があります。

有料プランのコスト

次に、有料プランのコストです。Awarefyのプレミアムプランは月額1,600円、年間プランは9,600円となっています。これは他のメンタルケアアプリと比較するとやや高めに設定されています。そのため、コスト面での負担を感じるユーザーもいるでしょう。

データの保存と移行

また、アプリを退会すると全てのデータが削除される点もデメリットです。過去の感情記録や認知行動療法プログラムの進捗データなど、重要な情報がすべて失われてしまうため、バックアップを取っておく必要があります。しかし、データのバックアップや他のデバイスへの移行がスムーズに行えない場合があります。

サポートの対応

一部のユーザーからは、サポートの対応が遅いといった声もあります。問題が発生した場合、サポートチームに問い合わせることができるものの、対応が遅れることがあるため、迅速な解決が求められる場面では不便を感じるかもしれません。

AIチャットの限界

AIチャット機能は便利ですが、人間のカウンセラーとは異なり、感情の微妙なニュアンスや複雑な問題に対する対応が難しい場合があります。特に深刻な悩みや緊急の問題に対しては、AIだけでは不十分なこともあります。

このように、Awarefyにはいくつかのデメリットがありますが、それを理解した上で利用することで、より効果的に活用することができます。次に、Awarefyのメリットとおすすめポイントについて詳しく見ていきましょう。

Awarefyのメリットとおすすめポイント

Awarefyは、心のケアをサポートするための多機能なアプリとして、多くのユーザーから高い評価を得ています。ここでは、Awarefyの主なメリットとおすすめポイントについて詳しく紹介します。

多機能なセルフケアツール

Awarefyの最大のメリットは、その多機能性です。感情の記録、認知行動療法(CBT)プログラム、マインドフルネス瞑想ガイド、AIチャットなど、多様な機能が一つのアプリに集約されています。これにより、さまざまなセルフケアニーズに対応できるのが魅力です。

利用しやすいインターフェース

Awarefyは、使いやすいインターフェースを提供しており、初めてのユーザーでも簡単に操作できます。毎日のチェックイン・チェックアウトがシンプルな操作で行えるため、継続的に利用することが容易です。UIが直感的で、迷うことなく使い始められます。

個別化されたセルフケアプラン

有料プランでは、個々のニーズに応じたセルフケアプランを作成することができます。特定の目標や課題に対して、最適なプログラムやアクティビティを組み合わせて、より効果的なセルフケアを実現します。これにより、自分に最も適したケアを受けることができます。

AIチャットによるサポート

AIチャット機能は、ユーザーの悩みや質問に対して即時に応答し、適切なアドバイスを提供します。これにより、日常のストレスや悩みをリアルタイムで解消でき、心の負担を軽減します。特に、誰かに話を聞いてほしい時に、気軽に相談できる点が好評です。

詳細なデータ分析とフィードバック

Awarefyは、感情や体調のデータを詳細に分析し、視覚的にフィードバックを提供します。これにより、自分の状態を客観的に把握し、適切な対策を講じることができます。データの可視化は、モチベーション維持にも繋がり、効果的なセルフケアをサポートします。

学術的な裏付け

Awarefyは、早稲田大学との共同研究に基づいて開発されており、その有効性が科学的に検証されています。信頼性の高いプログラムを提供しているため、安心して利用することができます。

このように、Awarefyは多くのメリットを持つアプリであり、心のケアをサポートするための強力なツールとなります。次に、Awarefyが向いている人と向かない人について見ていきましょう。

Awarefyが向いている人、向かない人

Awarefyは、多機能なメンタルケアアプリとして多くのユーザーに利用されていますが、すべての人に最適というわけではありません。ここでは、Awarefyが向いている人と向かない人の特徴を具体的に紹介します。

Awarefyが向いている人

Awarefyは以下のような人に特に向いています:

  • セルフケアを習慣にしたい人:Awarefyは毎日の心と体の状態を記録する機能があり、セルフケアを習慣化するのに最適です。継続的な記録とフィードバックを通じて、自分の状態を客観的に把握できます。
  • 認知行動療法(CBT)を手軽に試したい人:Awarefyは、多様なCBTプログラムを提供しており、初めての人でも簡単に取り組むことができます。専門的なサポートを受ける前に、自分で試してみたい人にぴったりです。
  • 忙しい日常の中で手軽にメンタルケアを行いたい人:Awarefyはスマートフォン一つで手軽にメンタルケアができるため、忙しい人でも無理なく利用できます。短時間で効果的なセルフケアを実践できます。
  • AIチャットで悩みを相談したい人:AIチャット機能を利用することで、誰かに話を聞いてほしい時やアドバイスが欲しい時に、即時に対応してもらえます。人に話しにくい悩みもAIなら気軽に相談できます。

Awarefyが向かない人

一方で、Awarefyがあまり向いていない人もいます:

  • 深刻なメンタルヘルスの問題を抱えている人:深刻なうつ病や不安障害など、専門的な治療が必要な場合には、Awarefyだけでは不十分です。専門医やカウンセラーのサポートを受けることをお勧めします。
  • 対人カウンセリングを希望する人:AIチャットでは対応しきれない感情の細やかなニュアンスや複雑な問題には、対人カウンセリングが必要です。人との直接的な対話を求める人には物足りないかもしれません。
  • 操作が苦手な人:多機能なアプリゆえに、初めての人には操作が複雑に感じられることがあります。スマートフォンやアプリの操作に慣れていない人には、最初は戸惑うことがあるかもしれません。

Awarefyは、日常的なセルフケアや自己管理をサポートするのに非常に有効なツールです。ただし、深刻なメンタルヘルスの問題には専門的なサポートが必要な場合もあります。次に、他のメンタルケアアプリとの比較を見ていきましょう。

他のメンタルケアアプリとの比較

アプリ名 特徴 メリット デメリット
muute 「書く瞑想」ジャーナリングに特化 – ジャーナリング初心者でも使いやすい<br>- 感情を選んで投稿できる機能がある – 他のセルフケア機能が少ない
Upmind 自律神経の状態をカメラで測定し、瞑想やストレッチを提案 – 科学的なデータに基づいたセルフケア<br>- 自律神経の状態を簡単に測定できる – 瞑想やストレッチに特化しており、認知行動療法の機能が少ない
認知行動療法「こころの日記」 認知行動療法に基づいたワークで思考の歪みを修正 – 認知行動療法に特化したコンテンツが豊富<br>- 毎日の記録が簡単にできる – 他のセルフケア機能が少ない
Awarefy 多機能なメンタルケアアプリ – 多機能で幅広いセルフケアニーズに対応<br>- 早稲田大学との共同研究に基づいた信頼性<br>- AIチャットによるリアルタイムのサポート – 初めての人には操作が複雑に感じられる場合がある<br>- 有料プランのコストがやや高め

次に、Awarefyを実際に使ってみた総括をしてみましょう。

Awarefyを使ってみたまとめ

Summary of using Awarefy
  • Awarefyは心のケアに特化したスマートフォンアプリである
  • 毎日の心と体の状態を5段階で評価し記録できる
  • 朝と夜に通知が届き、体調や気分をチェックイン・チェックアウトする
  • 記録されたデータはグラフ化されるため、傾向を把握しやすい
  • 認知行動療法(CBT)のプログラムが豊富に用意されている
  • 「うつに備えるスキル」や「ぐっすり眠れるスキル」などが提供されている
  • マインドフルネス瞑想のガイドも豊富に取り揃えている
  • AIチャット機能を利用して悩みや不安を相談できる
  • 無料プランでも基本的な機能を十分に活用できる
  • 有料プランではさらに多くの機能やプログラムが利用可能
  • プレミアムプランでは詳細な記録や追加のCBTプログラムが使える
  • 多くのユーザーが使いやすさと効果の高さを実感している
  • 無料プランでもメンタルチェックや基本的なCBTプログラムが利用できる
  • デメリットとして多機能すぎて使いこなしにくい点が挙げられる
  • 有料プランのコストはやや高めである
ABOUT ME
chop
初めまして。人事課長CHOPのNOTEを編集している40代のおじさんです。 本業は、中小企業で人事職をしています。 このブログを編集しているきっかけは、自社の従業員の相談にのるうちに、身近な人だけではなく、より多くの方達に発信してみたくなったことがきっかけです。 このブログを通して、間接的ではありますが、仕事で悩む方達の心が少し手でも軽くなると幸いです。 chopの経歴: 司法書士事務勤務→ITベンダー企業で総務職→現在は従業員1,500人規模の民間企業の人事労務課課長。専門は人事労務・求人管理