PR

休職しなければよかった理由と対処法を解説

I wish I hadn't taken a leave of absence 仕事の悩み

休職の決断は、あなたの人生の中で大きな転機の一つになります。重要な決断を控えたあなたへ、経験者が休職しなければよかったと後悔した理由とその対策を解説します。

世の中では、「休職したら終わり」「休職は甘え」と言われることがあります。又、ひどい上司にあたると、「休職するなら退職しろ」と言われる方もいるようです。一方で、休職中は遊びまくるという方も。

この記事は、色々な不安や葛藤をもった方へ、正しい知識を解説して、よりよい選択のお手伝いをいたします。

  • 休職しなければよかった理由
  • 休職がキャリアや人間関係に及ぼす影響について
  • 休職中の過ごし方と健康管理の重要性について
  • 休職と退職はどちらが良いのか

休職しなければよかった!後悔した理由と対策

I wish I hadn't taken a leave of absence! Reasons for regret and countermeasures

  • 自分のキャリアが不利になる
  • 生活が不規則になり体調が悪化した
  • 給料がなくなり生活が苦しくなる
  • 職場へ戻りづらくなった
  • 甘えていると思われた

自分のキャリアが不利になる

休職を決めたとき、多くの人が心配するのがキャリアへの影響です。実際にどのように不利になるのでしょうか?

休職前に築いた人間関係や、業務でのポジションが変わることもあり得ます。これはあなたのポジションを誰かが負担しなければならない為です。

それでも、休職が必要な状況では以下の点を意識するとよいでしょう。

  • 人脈を保つために、時折連絡を取り合う
  • 代わりの人が困らないように引継書をつくる
  • 復職後のキャリアプランを立てる

また、転職する場合は、休職によって職歴にブランクができます。これが面接などでの説明が必要なポイントになることがあります。

また、技術の進歩が早い業界では、休職中に最新のスキルや知識が追えなくなる可能性も。このような対策としては、以下を参考にしてください。

  • 履歴書に休職期間を記載する必要はない
  • 休職期間中も業界の動向や新技術に目を向ける

こうすることで、休職がキャリアに与える影響を最小限に抑えることができます。

生活が不規則になり体調が悪化した

休職すると、急に時間ができてしまいます。この新たな自由時間をどう過ごすかが、実は体調に大きく影響します。

たいていの方が、生活が不規則になりがちなのはなぜでしょう?その主な理由は、通常の仕事のリズムがなくなることにあります。

例えば、夜更かしをしてしまったり、昼夜逆転の生活になったりすることがありますよね。これが体調を悪化させる一因となります。

では、どうすればいいのか。ここでいくつかのポイントを挙げてみましょう。

  • 毎日決まった時間に起床・就寝する
  • 日中に外の光を浴びて、体内時計をリセットする
  • 適度な運動を取り入れて、体を動かす

このように心がけることで、生活リズムを整え、体調の悪化を防ぐことができます。休職中は、意外と健康管理が難しくなるもの。ですが、この期間を利用して、健康に対する意識を高める良い機会とも言えるでしょう。

給料がなくなり生活が苦しい

休職をすると、多くの場合、給料が支払われなくなります。意外と知らない方が多いです。

これがお金に関する大きな悩みの原因になりがちです。特に長期間の休職では、生活費の確保が大きな課題になります。そこで、休職前や休職中に考えるべき対策をいくつか挙げてみます。

  • 傷病手当金の申請:健康保険を利用して、病気や怪我で働けない期間の収入を補填する
  • 支出の見直し:不要な支出を削減し、生活費を節約する
  • 貯金の活用:休職前に貯めておいた貯金を計画的に使用する
  • 副業や在宅ワーク:体調に配慮しつつ、可能な範囲で収入を得る方法を探る

ただし、副業や在宅ワークを始める際は、健康状態を第一に考え、無理のない範囲で取り組むことが重要です。

また、休職中の収入確保については、雇用主や専門家に相談することも一つの手段です。お金の問題はストレスの源にもなりえるため、計画的に対処することで心の負担も軽減されます。

職場へ戻りづらい

休職から復帰する際、多くの人が職場へ戻りづらいと感じます。この感情は、職場の人間関係、業務の遅れ、自分の能力への不安からくることが多いです。職場復帰をスムーズにするためには、以下の対策が有効です。

  • 復職前の準備:復職前に担当者や上司と面談し、復帰に向けた計画を立てる
  • 小さい事からこなす:最初から全業務をこなそうとせず、徐々に仕事量を増す
  • 社内体制の確認:職場内でのサポート体制や相談窓口があるか確認する
  • 積極的に話す:同僚とのコミュニケーションを大切にし、孤立しないよう努める

ただし、急に全てをこなそうとすると再び体調を崩すリスクがあります。自分のペースで復帰できるよう、上司や同僚とのコミュニケーションを密に取り、無理のない範囲で業務に取り組むことが大切です。

また、職場の理解とサポートを得るために、自分の状態や必要な配慮について正直に伝えることも重要です。こうした取り組みを通じて、職場への復帰をよりスムーズに、そして心理的な負担を少なくすることができるでしょう。

甘えていると思われた

休職を決断する際、多くの人が抱く一つの心配事は、「甘えていると思われないか」ということです。しかし、実際には、健康上の理由で休職を選択することは、自己管理の一環として非常に重要な判断です。

それでは、このような誤解を受けないためにはどうすればよいでしょうか。ここでいくつかの対策を挙げてみましょう。

  • 病状や休職の理由をしっかりと説明する
  • 休職中も連絡を取り続けて代わりの従業員をフォローする
  • 復職後は積極的に仕事に取り組み、責任感を持って行動する

これらの対策により、周囲に対して自分が真剣に健康回復に努めている姿勢を示すことができます。

また、休職が「甘え」ではなく、「必要な措置」であることを理解してもらうためには、状況をきちんと伝えることが重要です。自分の健康を第一に考えることは、決して甘えではなく、長期的なキャリアを考えた場合には必要な選択です。

休職しなければよかった!と後悔しない為の知識

I wish I hadn't taken a leave of absence! Knowledge to avoid regrets

  • 休職した方がいい6つのサインとは?
  • 休職するなら退職しろ!という上司の対策
  • 休職と退職はどちらがいい?
  • 休職したまま退職はできるのか?
  • 休職中は遊びまくるのが良いは本当?
  • うつ病の休職期間は平均どれくらい?
  • 戻りづらい職場へ復帰する際のコツ
  • 休職しなければよかった場合の総括

休職した方がいい6つのサインとは?

休職を考え始めるとき、それは単なる甘えではなく、体からの重要なサインかもしれません。以下のようなサインに気づいたら、休職を真剣に検討する時期です。

  • 食欲がなくなった
  • 眠れなくなった
  • 仕事の能率が明らかに落ちている
  • 注意されることが多くなった
  • 怒りっぽくなった
  • 同僚から心配された

これらのサインは、あなたの健康が危険な状態にあることを示しています。自分の健康と幸福を最優先に考え、必要であれば専門家と相談しながら適切な対策を講じましょう。

休職は決して甘えではなく、時には必要な回復期間なのです。

休職するなら退職しろ!という上司の対策

「休職するなら退職しろ」という言葉を上司が口にするのは大きな問題です。場合によっては、パワハラやモラハラに該当して、その上司自身が処罰の対象となるべき行動です。

自分の勤務先の就業規則を確認して、休職期間の箇所をよく確認してください。休職は労働者の権利ですので、必要な場合は、躊躇する必要はありません。

では、実際にこのような上司に運悪く当たった場合は以下を参考にしてみてください。

  • 周りに相談する: 同僚や他部署の責任者に相談してみると良いです。
  • 医師の意見を取り入れる: 医師からの診断書や意見書を用意し、自分の健康状態を客観的に上司に伝えることで、理解を求めます。
  • 人事部門や労働組合に相談する: 人事部門や労働組合に相談し、適切なアドバイスやサポートを求めます。
  • 法的な知識を持つ: 労働基準法や休職に関する会社の規定を理解し、自分の権利を知ることが大切です。必要であれば、法律の専門家に相談するのも一つの方法です。

実際には、このような正攻法をとるのは難しい場合が多いものです。休職に入るほどの体調不良を抱えながら、事を荒立てたくない方は退職して転職することもひとつの解決策となります。

休職と退職はどちらがいい?

休職と退職、どちらが自分にとって良い選択なのかは、個々の状況や将来の目標によって異なります。それぞれの選択肢を考慮する際のポイントをいくつか挙げてみましょう。

休職の場合のポイント

(1)メリット

  • 健康状態が改善したら、元の職場に戻ることができます。
  • 社会保険などの福利厚生を維持できます。
  • 職場復帰に向けて、リハビリや準備の時間を確保できます。

(2) デメリット

  • 復帰後に職場にいづらさを感じることがある。
  • 休職期間中の収入が低下する。(傷病手当金は6割程度)

退職の場合のポイント

(1)メリット

  • 新しい職場環境で復職の余計な気を使わなくて良い
  • 長年のしがらみを脱して心機一転するチャンスです。

(2)デメリット

  • 新しい仕事を見つけるまでの間、収入が途絶えて生活が不安定になる。
  • これまでの職場での業務知識やキャリアを失う。

このように、休職と退職はそれぞれ異なるメリットとデメリットがあります。自分の健康状態、職場環境、キャリアプランなどを総合的に考慮し、自分にとって最善の選択をすることが大切です。

休職したまま退職はできるのか?

休職中に退職を考えることは、さまざまな理由で生じるかもしれません。例えば、健康上の理由で復職が難しい場合や、新しい職を見つけた場合などです。休職中であっても退職は可能です。

以下の手順となります。

  1. 会社に通知する: まず、退職の意思を会社に伝える必要があります。このとき、退職の理由やタイミングなどを明確に伝えることが大切です。
  2. 退職日の決定: 退職日は、会社と相談して決定します。労働基準法に基づく通知期間(通常は2週間前)を守る必要があります。
  3. 退職に関する手続き: 退職に伴う各種手続きを行います。例えば、健康保険や厚生年金の手続き、退職金の支払いなどがあります。
  4. 引き継ぎ: 可能であれば、業務の引き継ぎを行います。休職中の場合は、文書やメールでの引き継ぎが主となるかもしれません。

休職中の退職は、正しい手順を踏めば問題なく行うことができます。ただし、休職中に退職する場合でも、残る同僚のことを考えて行動することが大切です。

このような行動をとることにより、次への転職活動も気兼ねなくスムーズに行うことができます。

休職中は遊びまくるのが良いは本当?

休職中に思い切り遊ぶことは、リフレッシュになるように思えますが、実際はその後の職業人生に大きく影響を及ぼす可能性があります。

休職期間をどのように過ごすかは、個人の健康状態や将来の計画に大きく依存します。以下の点を考慮して、休職中の過ごし方を検討しましょう。

  • 心身の回復を優先する: 休職の主な目的は、心身の健康を回復させることです。過度な遊びは、回復を遅らせる原因にもなり得ます。
  • 財政状況を考える: 給料が支給されない休職中に無計画な出費をすると、金欠となり充分な休職期間をとれなくなる恐れがあります。
  • 復職に向けて準備する: 休職期間を利用して、復職に必要なスキルアップやリハビリに取り組むのも一つの方法です。
  • 趣味やリラクゼーション: もちろん、趣味やリラクゼーションを楽しむことも大切です。バランスを取りながら、自分にとって有意義な時間を過ごしましょう。

休職中に「遊びまくる」ことが必ずしも悪いとは限りません。健康回復や将来の計画を考慮し、適度なリラクゼーションと自己啓発のバランスを見つけることが大切です。

遊びまくっていたら、同僚にみつかり、復職後に悪い噂を立てられた。なんてこともあります。

自分の体と相談しながら、必要な休息をとりつつ、復職後に戦力となりえる自分になることが大切です。

うつ病の休職期間は平均どれくらい?

うつ病で休職を考えている方や、すでに休職中の方は、平均的な休職期間が気になることでしょう。実際、うつ病による休職期間は個人差が大きいですが、一般的な目安として知っておくと役立つ情報があります。

  • 短期間: 軽度のうつ状態であれば、数週間から数ヶ月で復職できるケースもあります。
  • 中期間: 中度のうつ病である場合、平均して3ヶ月から半年程度の休職が必要になることが多いです。
  • 長期間: 重度のうつ病や、長期間の治療が必要な場合は、1年以上の休職が必要になることもあります。

これらはあくまで目安であり、実際の復職時期は以下のような要因によって左右されます。

  • 治療の進み具合: 定期的な通院や適切な治療を受けることで、症状が改善する速度が変わります。
  • 休職期間中の生活習慣: 健康的な生活習慣を保ち、ストレスを避けることで回復を早めることができます。
  • サポート体制: 家族や友人、職場の理解とサポートがあるかどうかも、復職時期に影響を与えます。

休職期間は、ただ時間を過ごすだけではなく、適切な治療を受け、心身の健康を回復させるための大切な期間です。

自分のペースで回復に専念し、焦らずに復職を目指しましょう。また、主治医やカウンセラーと相談しながら、自分に合った復職プランを立てることが重要です。

戻りづらい職場へ復帰する際のコツ

復職を控えているとき、特に戻りづらい職場への不安は大きいものです。このような状況でスムーズに職場復帰を果たすためには、いくつかのコツがあります。

まず、復職の際は、菓子折りなどを準備して、同僚への感謝を伝えましょう。

そして、上司や同僚とのコミュニケーションを積極的に取りましょう。職場の現状や変化を把握し、必要なサポートを得やすくなります。

最後に、休職中に身につけた健康管理の習継続することです。ストレスを管理し、必要なら休憩を取りながら業務に取り組むことで、復帰後の体調を崩しにくくなります。

また、フレックスタイム制やテレワークのような柔軟な働き方が可能であれば、職場と相談してみるのも一つの方法です。

休職しなければよかった場合の総括

Summary of what would happen if you didn't take a leave of absence

  • 休職によりキャリアが不利になる可能性がある
  • 休職前に築いた人間関係や業務のポジションが変わることがある
  • 人脈を保つために時折連絡を取り合うことが重要
  • 引継ぎ書の作成が代わりの人を困らせないために役立つ
  • 復職後のキャリアプランを立てるべき
  • 転職する場合、休職による職歴のブランクが面接で説明必須になる
  • 技術進歩の早い業界では休職中に最新スキルや知識が追えなくなる
  • 履歴書に休職期間を記載する必要はない
  • 休職中も業界の動向や新技術に目を向けるべき
  • 生活が不規則になり体調が悪化するリスクがある
  • 休職中の時間管理が健康に大きく影響する
  • 休職すると給料が支払われなくなる場合が多い
  • 傷病手当金の申請や支出の見直しが生活費確保に必要
  • 職場へ戻りづらい感情は人間関係や業務の遅れから来る
  • 「甘えていると思われる」は休職を決断する際の大きな心配事
  • 休職は自己管理の一環として重要な判断である
タイトルとURLをコピーしました