PR

飲食正社員の末路は悲惨?やめとけと言われる理由を現役人事が解説

The fate of full-time restaurant employees 仕事の悩み

飲食業界の正社員として働くことの厳しさに悩んでいませんか?不規則なシフト、過酷な労働条件、そして停滞感あふれるキャリアパス。これらは多くの人々を疲弊させ、将来への不安を深めています。しかし、この状況は打破できるかもしれません。この記事では、飲食業界の現実を紐解きつつ、より良い職業生活へと進むための転職戦略を探求します。

  • 飲食業界で正社員として働く際の主な困難と挑戦について
  • 長時間労働、低賃金、不規則なシフトなど業界の過酷な労働条件
  • 飲食業界でのキャリアパスの限界と昇進の難しさ
  • 転職を検討すべき理由と、他業種への転職を成功させるためのポイント

飲食正社員の末路:現実を知る重要性

The fate of full-time restaurant employees the importance of knowing the reality

  • 飲食はやめとけと言われる理由7選:業界の厳しい側面
  • 飲食で働く人の口コミ:リアルな声
  • 飲食店勤務は恥ずかしい:社会的ステータスとの戦い
  • 飲食店の正社員は楽しい?飲食で働くメリット
  • 飲食店の正社員はしんどい!飲食で働くデメリット
  • 飲食の正社員はなぜ過酷な状況に甘んじるのか?

飲食はやめとけと言われる理由7選:業界の厳しい側面

飲食業界には「やめとけ」と言われる理由は、主に以下の七つ集約されます。

  1. 長時間労働: 飲食店は、昼夜を問わず営業することが多いです。そのため、従業員は長時間労働が常態化してしまいがちで、週に50時間以上の労働は珍しくありません。休日出勤が必要な場合も多くあります。
  2. 低賃金: 飲食業界は他業種に比べて賃金が低いのが一般的です。アルバイトやパートでは最低賃金近くでの雇用が多く、正社員でも他業種と比較して見劣りがちな給与水準です。
  3. 精神的・肉体的ストレス: 飲食店での仕事は、ピーク時には非常にストレスが高くなり、体力を大いに消耗します。また、お客様と直接向き合う仕事のため、クレーム対応など精神的な負担も大きいです。
  4. 人手不足による負担増: 飲食業界は慢性的な人手不足に悩まされています。そのため、在籍するスタッフには多大な業務量が求められ、個々の負担が増大する一因となっています。
  5. キャリアアップの難しさ: 飲食店では昇進や昇給の機会が限られていることもしばしばです。特に小規模な店舗では、上に行けるポジションが少なく、長く勤めても給料や地位が向上する保証が少ないのが現状です。
  6. 不規則なシフト: 飲食業界はシフト制が一般的で、特に週末や祝日などは忙しくなるため、従業員は不規則な勤務時間に対応しなければなりません。このため、私生活が不安定になりやすく、健康を損ねることも少なくありません。
  7. 職場環境の厳しさ: 一部の飲食店では、上下関係が厳格で、新人や若手の扱いが厳しいことがあります。このような職場環境は、特に若い世代から敬遠される要因となっています。

これらの厳しい側面を踏まえつつ、実際に働いている人たちのリアルな声を聞いてみることは大切です。では、次の見出しで飲食で働く人たちの口コミを見てみましょう。

飲食で働く人の口コミ:リアルなSNSの声

飲食業界での実際の労働環境は、働く人々の生の声から深く理解することができます。ここでは、現場で働く人々の直接のコメントをいくつか紹介し、その実態を浮かび上がらせます。

ポジティブな面:

    • 「お客さんに喜んでもらえた時の喜びは何物にも代えがたい。接客が好きで、毎日が充実している。」
    • 「料理を通じて、人々の生活に直接触れることができるのは大きな魅力の一つです。」

ネガティブな面:

https://twitter.com/subrock36/status/769079577729695744

「長時間立ちっぱなしで仕事をするのは本当に体力的にきつい。特に週末は休みなく働くことが多く、体を壊しそう。」

「とにかく体力勝負で寝れない、好きじゃないとできない奉仕の仕事。」

「人手不足で、いつも忙しい。もう少し人を増やしてほしい。」

「クレーム対応が精神的に辛い。特に理不尽なクレームには、耐えがたいストレスを感じる。」

これらの口コミは、飲食業界の日々の業務がどれほど多様で、時には厳しいものであるかを示しています。このような現場の声は、飲食業界における職場環境の現実を浮き彫りにする貴重な資料です。

次に、飲食業界での仕事が個人の社会的ステータスにどのように影響を与えるかについて、具体的な視点から探ります。

飲食店勤務は恥ずかしい:社会的ステータスとの戦い

飲食業界で働くことが「恥ずかしい」と感じる人々の背後には、しばしば社会的ステータスに関する認識があります。この視点から見ると、多くの社会的な偏見や誤解が存在することがわかります。

  1. 社会的偏見の存在: 飲食業界はしばしば低賃金で、未熟練労働の代名詞とみなされがちです。このため、高学歴や高スキルを持つ人々が他のキャリアを選択する傾向にあることが、飲食業界で働く人々に対する偏見を助長しています。
  2. 教育との関連: 飲食業界では、特に高等教育を必要としない職が多いため、学歴が高いことが必ずしも重要視されないこともあります。これが、他業種に比べてステータスが低いと見なされる一因です。
  3. メディアの影響: 映画やテレビドラマなどで飲食店の従業員が低い社会的地位にあると描かれることがあります。これにより、一般の人々の間に誤解が広まることがあります。

これらの点は、飲食業界のステータスに対する社会的な認識がどのように形成されているかを示しています。しかし、実際には飲食業界で働くことは多くの場合、大きな情熱と専門知識を要する仕事です。次に、実際に飲食業界で働くことの楽しさやメリットを探ることで、この業界に対する新たな視点を提供します。

飲食店の正社員は楽しい?飲食で働くメリット

飲食店で働くことは、多くの楽しさとやりがいを提供します。ここでは、飲食業界の正社員として働くことの主なメリットをいくつか挙げてみましょう。

  1. 直接的な顧客の反応を得られる: 飲食店では、作った料理や提供したサービスに対する顧客の反応を直接見ることができます。お客様からの笑顔や感謝の言葉が直接的なやりがいとなり、自己成長の励みにもなります。
  2. クリエイティビティの発揮: メニュー開発や料理のプレゼンテーションなど、創造的なスキルを発揮する機会が豊富にあります。自分のアイデアが形になる過程は、他の多くの職業では得られない特有の喜びがあります。
  3. チームワークの充実: 飲食業はチームで動くことが多く、厨房内やフロアでの協力が必須です。共に働く仲間との結束は強く、社会的なつながりや友情を深める場ともなります。
  4. スキルアップの機会: 飲食業界では、料理技術だけでなく、顧客サービス、在庫管理、チームマネジメントなど多岐にわたるスキルを磨くことができます。これらのスキルは、業界内外で高く評価されることも多く、キャリアアップにつながります。

これらのメリットは、飲食業界での仕事が持つ独特の魅力を示しています。次に、飲食店で働くことのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

飲食店の正社員はしんどい!飲食で働くデメリット

飲食業界はそのユニークな魅力がある一方で、多くのデメリットも存在します。ここでは、飲食店の正社員として働くことの厳しい側面を詳しく見ていきましょう。

  1. 長時間労働: 飲食店のシフトは、特に繁忙期には非常に長くなりがちです。開店準備から閉店作業まで、時には12時間以上働く日も珍しくありません。これは体力的にも精神的にも大きな負担となります。
  2. 休日が少ない: 飲食業は週末や祝日もピークタイム。そのため、土日や祝日が休みにくく、プライベートな時間を確保するのが難しいのが実情です。家族や友人との時間が取りにくいという問題もあります。
  3. 低賃金: 初任給や時給が他業界と比較して低めに設定されていることが多く、給料が上がりにくいのも飲食業界の特徴です。特に、生活コストが高い地域では、経済的なストレスが大きいです。
  4. 精神的プレッシャー: 顧客満足を直接的に求められる職業のため、クレーム対応や緊張感ある職場環境は精神的な負担になり得ます。また、ミスが直接顧客の反応につながるため、常に高いプレッシャーの中で仕事を行う必要があります。

これらのデメリットは、飲食業界でのキャリアを考える際にしっかりと理解しておくべき点です。では、なぜ多くの正社員がこれらの過酷な状況に甘んじて働き続けるのでしょうか?次のセクションで掘り下げていきます。

飲食の正社員はなぜ過酷な状況に甘んじるのか?

飲食業界で働く正社員が、しばしば過酷な労働条件にも関わらず、その職場を離れない理由は多岐にわたります。以下にその主な理由を探ってみましょう。

  1. 情熱と誇り: 多くの飲食業界の従事者は、料理や接客といった仕事に対して強い情熱を持っています。自分の手でお客様に喜んでもらえることに大きな誇りを感じており、それが厳しい条件を受け入れる一因となっています。
  2. キャリアパスの不透明性: 他業界への転職を考えたときに、飲食業界特有のスキルがどれだけ他の職種で活かせるかの見通しが立たないことがあります。これが、環境を変えることに二の足を踏む理由になることも。
  3. 経済的な制約: 転職活動には時間とコストがかかりますが、日々のシフトで手一杯でそのようなリソースを確保することが困難です。また、生活費を稼ぐためには仕事を続けざるを得ないという現実もあります。
  4. コミュニティとの結びつき: 飲食業界はしばしば密接なコミュニティを形成しており、同僚や顧客との強い人間関係が構築されます。この人間関係が離職をためらわせる要因となることも少なくありません。

これらの要因を踏まえると、飲食業界の正社員がなぜ過酷な環境に留まり続けるのかが少し理解できるかもしれません。

しかし、長期的な視点で職業生活の質を考慮することは、どの業界においても重要です。それでは、このような状況を踏まえた上で、飲食業界の正社員が転職を検討すべきかどうかについて見ていきましょう。

飲食正社員の末路:転職を検討すべきか

The fate of full-time restaurant employees Should you consider changing jobs

  • 飲食店社員の平均月収はいくら?:給与の現実
  • 飲食店正社員の学歴:職場での学歴の役割
  • 飲食店スタッフの離職率は高い:統計データから見る現状
  • 飲食業界はなぜ人手不足なの?:人材流出の背景
  • 飲食から異業種への転職成功のためのポイント
  • 飲食から異業種へのおすすめの転職サービス
  • 飲食で働く正社員の末路を総括

飲食店社員の平均月収はいくら?:給与の現実

Ranking of starting salaries by industry

(出典:ダイヤモンド編集部「業種別「初任給上昇率」ランキング)」

飲食業界で働く社員の平均月収は、業界全体で見ても他の多くの職種に比べて低い傾向にあります。

dudaが調査した結果「平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」によると飲食店は310万~380万(平均350万)程度で最下位となっています。

又、「業種別「初任給上昇率」ランキング」でも下図のとおり最下位となっており、今後への期待も難しい状況となっています。

Diagram of average annual income ranking results

(出典:duda「平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」)

さらに倒産する確率も下図のとおり最も高く安定しない業種と言えます。

Bankruptcy rate by industry

(出典:中小企業庁「開閉業の状況について」)

特に正社員として働いている場合、その給与の実情は多くの人にとって意外かもしれません。

  • 平均月収の範囲:一般的に、飲食店の正社員の平均月収は約20万円から30万円程度です。地域や業態によって異なるものの、高級レストランや有名チェーン店の店長クラスであっても、月収は50万円を超えることは稀です。
  • 低賃金の背景:この低賃金の背景には、高い労働強度に対する賃金の非対称性があります。つまり、長時間労働にもかかわらず、それに見合った給料が支払われていないのが実情です。
  • 他業種との比較:例えば、IT業界や金融業界などでは、飲食業界の倍以上の月収を得ている人も珍しくありません。このため、生計を立てる上での困難さから、多くの飲食店社員が転職を考えることもしばしばです。

飲食業界の給与実態を知ることは、業界でのキャリアを考える上で重要なポイントです。しかし、給与だけが全てではありません。次に、飲食店正社員の職場での学歴がどのような役割を果たしているのかについて考えてみましょう。

飲食店正社員の学歴:職場での学歴の役割

飲食業界では、一般的に学歴よりもスキルや経験が重視される傾向にあります。しかし、学歴が職場でどのような役割を果たすのかを理解することは、この業界でのキャリア形成において見逃せないポイントです。

  • 学歴の影響力:高学歴の従業員は、管理職や本部での戦略的なポジションに就く場合が多いです。特に大手企業やフランチャイズチェーンでは、企業運営や新規事業の立ち上げに高い教育背景を求めることがあります。
  • 現場での実状:現場レベルでは、学歴よりも調理技術や接客スキルが直接的な評価の対象となります。多くの飲食店では、実際の業務能力がキャリアアップの決定要因になるため、学歴は二次的な要素に留まることが一般的です。
  • 採用面での考慮事項:一方で、新卒採用や社員教育プログラムの設計では、教育背景が考慮されることもあります。特に、経営学やホスピタリティマネジメントなどを専攻した卒業生は、戦略的な思考や経営理念を理解しやすいと評価されることがあります。

学歴が直接的な仕事のパフォーマンスに影響を与えない場合も多いですが、キャリアパスや職務内容の範囲に影響を及ぼすことがあります。さて、このように多様な要素が絡み合う飲食業界において、スタッフの離職率が高いのはなぜでしょうか?次では、飲食店スタッフの離職率が高い理由とその統計データについて掘り下げてみましょう。

飲食店スタッフの離職率は高い:統計データから見る現状

Ministry of Health, Labor and Welfare chart of turnover rate by industry

(令和4年雇用動向調査結果の概況より引用)

飲食業界は、その高い離職率で知られています。厚生労働省は発表している「令和4年雇用動向調査結果の概況」によると飲食業の離職率は30%弱と高い数字となっており、全業種でワースト1となっています。

これには、いくつかの明確な理由が存在し、統計データはこの問題をより具体的に浮かび上がらせます。

  1. 長時間労働と厳しい労働条件:飲食店の従業員はしばしば長時間労働を強いられます。不規則なシフトや休日出勤が多いため、仕事と私生活のバランスを取ることが難しくなります。
  2. 低賃金:他の産業に比べて、飲食業の賃金は低めに設定されがちです。これが離職の大きな動機となることが多いです。
  3. 肉体的・精神的ストレス:厨房内の高温、忙しさによるストレス、お客様からのクレーム対応など、肉体的および精神的に要求される状況が離職を促進します。

これらの要因により、飲食業界の離職率は他の多くの業界よりも高いことが統計的に支持されています。厚生労働省の調査によると、飲食業界の離職率は平均を大きく上回ることが示されています。

このような状況が続く中で、飲食業界の人手不足が深刻化しているわけですが、それにはどのような背景があるのでしょうか?次では、飲食業界がなぜ人手不足に陥っているのか、その背景に迫ります。

飲食業界はなぜ人手不足なの?:人材流出の背景

飲食業界が直面している人手不足は、単なる一時的な問題ではなく、様々な要因が絡み合って生じています。ここでは、なぜこのような状況が持続しているのか、その背景を具体的に掘り下げてみましょう。

  1. 若年層の就業意欲の低下:若年層の間で飲食業界への就職意欲が低下しています。特に厳しい労働条件と低賃金が原因で、他業種と比較して魅力を感じにくくなっています。
  2. 労働環境の厳しさ:長時間労働、休日の少なさ、肉体的な負担が大きい仕事内容など、労働環境の厳しさが若手労働者を遠ざけています。
  3. キャリアパスの不透明さ:飲食業界では、将来的なキャリアパスが不透明であり、長期的なキャリア構築が難しいとされています。これが、特に野心的な若者を業界から遠ざける要因となっています。

これらの背景が、経験豊富なスタッフの流出を加速させ、新たな労働力の確保を困難にしています。飲食業界で働くことの厳しさが、人々を他業種へと向かわせる理由となっており、これが人手不足をさらに悪化させているのです。

この流れを理解した上で、もし飲食業界から異業種への転職を考えている方がいれば、どのようにして成功させることができるのか、次ではそのポイントをご紹介します。

飲食から異業種への転職成功のためのポイント

飲食業界から異業種への転職を成功させるためには、いくつか重要なポイントがあります。これらを押さえることで、転職の成功率を大きく高めることが可能です。以下、具体的なポイントを挙げていきましょう。

  1. スキルと経験のアピール
    • 飲食業界で培った顧客サービススキルやチームマネジメント経験を強調しましょう。
    • ストレス耐性やマルチタスキング能力など、他業種でも通用する能力を前面に出してください。
  2. 業界研究と適応能力の見せ方
    • 転職先の業界についての知識を深め、面接でその業界特有の課題への理解を示すことが重要です。
    • 柔軟に新しい環境に適応できることをアピールしましょう。
  3. キャリアゴールの明確化
    • 長期的なキャリアプランを持ち、それがなぜ異業種への転職につながるのかを説明できるようにしてください。
    • 自分の価値観と転職先がどのように合致しているかを具体的に話すことが求められます。

これらのポイントを心掛けることで、飲食業界特有のスキルや経験を異業種に生かす方法を明確に伝えられるようになります。次では、このような転職をサポートしてくれるおすすめの転職サービスをご紹介します。

飲食から異業種へのおすすめの転職サービス

飲食業界から異業種への転職を考える際、有効なサポートを提供する転職サービスの選択は非常に重要です。ここでは、飲食業界の経験者が異業種へスムーズに転職するためのおすすめの転職サービスをいくつか紹介します。各サービスがどのような支援を提供しているかも併せて見ていきましょう。

  • リクルートエージェント
    • 業界最大手の転職支援サービスで、豊富な求人数と高い転職成功率を誇ります。
    • 飲食業界出身者向けに、専門のキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職活動をサポート。
  • doda
    • 転職者向けのセミナーやキャリアカウンセリングが充実しており、業界知識のアップデートも可能。
    • 異業種への転職に強く、特に人材不足が慢性的な業界への橋渡しに長けています。
  • マイナビエージェント
    • 若手〜中堅層に強く、業種転換を希望する人に対して詳細な業界分析情報を提供。
    • 飲食業界の経験を活かした提案が得意で、未経験業界への転職支援も積極的。

これらのサービスを利用することで、飲食業界特有のスキルや経験を生かし、新たな職場で活躍の場を広げることが期待できます。次に、これらのサービスを通じて異業種への転職を果たした飲食業界出身者の末路を見ていきましょう。

飲食で働く正社員の末路を総括

Summary of the fate of full-time employees working in the restaurant industry

  • 長時間労働が常態化
  • 週50時間以上の労働が珍しくない
  • 休日出勤が頻繁に必要
  • 他業種に比べて低賃金
  • アルバイト、パートは最低賃金近くでの雇用が多い
  • 正社員でも低い給与水準
  • ピーク時の高ストレス
  • 体力を大いに消耗する業務
  • クレーム対応など精神的負担が大きい
  • 慢性的な人手不足による負担増
  • 昇進や昇給の機会が限られる
  • 小規模店舗では昇格の機会が少ない
  • シフト制で勤務時間が不規則
  • 私生活が不安定になりやすい
  • 健康を損ねやすい条件
  • 職場環境が厳格で新人や若手の扱いが厳しい
タイトルとURLをコピーしました