PR

体調不良で2日連続休む!メール例文を具体的に解説

How to say to take two days off in a row 仕事の悩み

体調不良や予期せぬ事情で仕事やを休む必要が出てきたとき、どのように連絡すれば良いのか、悩む瞬間は誰にでもあります。特に、風邪などで体調が悪化し、会社を2日連続で休む必要が生じた場合、またはバイトを含めた様々な職場での対応、状況に応じた適切な伝え方が求められます。

この記事では、2日連続で休む際に使える電話・メール例文を解説します。

風邪で会社を休む連絡方法や、事前に伝える重要性、さらには何日連続で休むとクビになるか?など役立つ情報を網羅しています。

誰もが直面しうるこの状況で、あなたの悩みを解消するためのヒントを提供します。

  • 体調不良を理由に2日連続で休む際の自然な伝え方。
  • メールや電話での具体的な連絡例文とその構成方法。
  • 仕事での場面別の適切な休み方と連絡の仕方。
  • 休みが続く際の職場への影響、及び対応策と連絡のタイミング。

2日連続で休む言い方:体調不良の場合

How to say to take two days off in a row When you are not feeling well

  • 2日連続で休む場合は体調不良が良い
  • 体調不良で2日連続休むメール例文
  • 風邪で会社を休む場合の2日目の連絡
  • 2日休む理由を事前に伝える
  • 仕事を休む連絡を2日連続でする際の注意点

2日連続で休む場合は体調不良が良い

2日連続で仕事を休む場合、体調不良を理由にするのが一番理解されやすいと感じています。

なぜなら、誰もが体験する自然な事象であるため、無理なく説明できるからです。たとえば、風邪やインフルエンザのような、明らかな体調不良は、職場でも比較的受け入れられやすいです。

ただし、このように伝える際には、以下の点に注意してください。

  • 具体的な症状を伝える:「頭痛がひどい」や「熱がある」といった、具体的な症状を伝えることで、より信憑性が増します。
  • 必要であれば診断書を提出する:長期にわたる場合は、医師の診断を受け、診断書を職場に提出します。これにより、体調不良を証明することができます。
  • 復帰の見通しを伝える:「〇日までには回復する見込みです」といった形で、復帰の見通しを伝えると、職場でのスケジュール調整がしやすくなります。

こうすれば、職場でもあなたの状況を理解し、適切に対応してもらえる可能性が高まります。また、体調不良を理由にする場合、症状を装うことなく、正直に伝えることが大切です。信頼を損ねないようにするためにも、誠実さは非常に重要です。

体調不良で2日連続休むメール例文

体調不良で2日連続休む際に、どのようにメールを送ればいいのか、迷うことがありますよね。ここで、シンプルでわかりやすいメールの書き方をご紹介します。カジュアルながらも、必要な情報をきちんと伝えることができます。

【体調不良:メール例文】

件名:【欠勤連絡】〇〇(あなたの名前)の体調不良による欠勤のお知らせ

本文:
〇〇部 〇〇課長 様

お疲れ様です。〇〇部の〇〇(あなたの名前)です。
突然の連絡となり申し訳ございませんが、体調不良により、本日と明日の2日間、欠勤させていただきたく思います。

現在、以下のような症状により、医師の診断を受けております。
– 高熱
– 強い頭痛
– 吐き気

医師からは、十分な休養が必要との診断を受けましたため、復帰は〇〇日を予定しております。回復次第、速やかに復帰する所存ですが、万が一回復が見込めない場合は、改めてご連絡いたします。

この期間中の業務に関しましては、〇〇(引き継ぎを受けてくれる同僚の名前)に引き継ぎを行っております。緊急のご用件等がございましたら、〇〇までご連絡をお願いいたします。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

〇〇(あなたの名前)

このメール例文では、以下がポイントです。

  • 明確な件名:一目で内容が伝わるように、件名を具体的に書きます。
  • 誰宛てか明確に:誰にメールを送っているのかを明確にします。
  • 状況の説明:体調不良の具体的な症状と医師の診断結果を簡潔に述べます。
  • 復帰予定日の提示:復帰予定日を伝え、回復次第の復帰を約束します。
  • 業務の引き継ぎ状況の説明:業務が滞らないよう、誰に何を引き継いだかを伝えます。

このようにメールを書くことで、相手に対する配慮と誠意が伝わり、スムーズに欠勤の理解を得ることができます。

風邪で会社を休む場合の2日目の連絡

風邪で会社を休む際、特に2日目にどのような連絡をすれば良いのか、迷うことがありますよね。以下のポイントに注目して、カジュアルながらも相手に配慮した連絡方法をお勧めします。

体調の最新情報を伝える

「少し熱が下がったが、まだ体がだるい」など、現在の体調を具体的に伝えましょう。

医師の診断やアドバイスを共有する

医師からの診断結果や、休養が必要と言われた場合は、その内容を簡潔に伝えます。

復帰予定日の見通しを伝える

「このまま改善が見られれば、○日には出社できそうです」といった形で、復帰の見通しを伝えます。

業務の引き継ぎ状況や連絡先を再確認する

前日に引き継いだ業務の状況や、緊急の連絡先について、改めて確認のメールを入れましょう。

【2日目:メール例文】

件名:【再連絡】風邪による欠勤の状況と復帰予定について

本文:
お疲れ様です。〇〇(あなたの名前)です。
昨日は体調不良によりお休みをいただき、ありがとうございました。
現在の体調ですが、熱は若干下がりましたが、まだ全快には至っておりません。

昨日、医師の診断を受け、引き続き休養が必要とのことでした。
このまま回復が見られれば、○日の出社を目指しております。

業務につきましては、〇〇さんに引き継ぎましたが、何かありましたら私の携帯に直接ご連絡いただけますと幸いです。

ご迷惑をおかけしておりますが、何卒よろしくお願いいたします。

このように伝えることで、職場の方々にもあなたの状況が明確になり、理解と協力を得やすくなります。なお、体調が改善しない場合は、適宜状況を更新して連絡しましょう。

2日休む理由を事前に伝える

特に体調不良など、予見できる休暇の場合には、前もって伝えることで、職場の理解を得やすくなります。ここでは、事前に休む理由を伝える際のポイントをいくつか紹介します。

理由を明確にする

なぜ2日間休む必要があるのか、具体的な理由を伝えましょう。たとえば、「風邪をひいてしまい、病院での診断結果、2日間の安静が必要とのことです」というようにです。

休む日付を具体的に伝える

どの日に休むのか、日付を明確にして伝えます。これにより、職場側も対応やスケジュール調整がしやすくなります。

業務の引継ぎについて提案する

可能であれば、休む間の業務の引継ぎについても提案しましょう。たとえば、「〇〇さんなら私の業務をカバーできると思いますが、ご相談させてください」といった形です。

連絡手段を伝える

緊急時には連絡が取れるよう、携帯番号やメールアドレスを伝えておきます。「万が一のことがあれば、この携帯にご連絡ください」と伝えると安心です。

【2日間休む:メール例文】

件名:【欠勤連絡】○月○日〜○月○日の体調不良による欠勤について

本文:
〇〇部長 様

お疲れ様です。〇〇です。
この度、風邪をひいてしまい、病院での診断結果、2日間の安静が必要とのことでした。そのため、○月○日と○月○日は、欠勤させていただきたく存じます。

この間の業務につきましては、〇〇さんにご相談の上、引き継ぎをさせていただければと思います。緊急のご用件がございましたら、私の携帯(xxx-xxxx-xxxx)までご連絡ください。

ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

このように事前に伝えることで、職場側も対応しやすくなり、あなたのプロ意識も示すことができます。

仕事を休む連絡を2日連続でする際の注意点

仕事を2日連続で休むとなると、ちょっとした不安を感じるかもしれませんね。特に、休む連絡をする際には、いくつかの注意点があります。ここでは、そんな時に心に留めておきたいポイントを紹介します。

連絡は早めに

前日、またはできるだけ早いタイミングで休む連絡をしましょう。これにより、職場側も代替の対応を立てやすくなります。

具体的な理由を伝える

単に「体調が悪い」と言うのではなく、「熱が38度ある」や「激しい頭痛がある」など、具体的な症状を伝えると理解してもらいやすいです。

復帰予定を示す

「現在のところ、〇日には回復見込みです」といった形で、復帰予定を伝えましょう。ただし、状況に変化があれば、すぐに更新することが大切です。

業務の引き継ぎについて言及する

休む期間中の業務について、どう対応するかの提案も忘れずに。可能であれば、引き継ぎができる同僚を提案しましょう。

連絡手段に注意する

連絡はメールや電話など、職場のルールに従いましょう。特に、電話で直接伝えることが望ましいですが、時間帯にも注意してください。

診断書が必要か確認

長期間休む場合や会社の規定で必要な場合は、診断書を提出することが求められることも。事前に確認しておきましょう。

例えばこんな感じで連絡するといいですね:

お疲れ様です。〇〇です。

大変申し訳ございませんが、体調不良のため、明日もお休みをいただきたく思います。現在、熱が38度あり、医師からは〇〇の診断を受けました。

休養を取るよう指示されております。復帰は〇〇日を予定しておりますが、状況により変更があれば、早急にご連絡いたします。

この間の業務については、〇〇さんに一部引き継ぎをお願いしております。何かあれば、〇〇さんか私の携帯にご連絡ください。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解いただけますと幸いです。

このように、事前にしっかりと準備をしておくことで、職場での理解も得やすくなりますし、あなた自身も安心して休養を取ることができるでしょう。

2日連続で休む言い方:正社員バイト別

How to say to take two days off in a row By full-time employee part-time job

  • 2日連続で休む言い方|正社員
  • 2日連続で休む言い方|バイト
  • 当日に会社を休む言い訳とは?
  • 何日連続で休むとクビになる?
  • 2日連続で休む言い方の総括

2日連続で休む言い方|正社員

電話で2日連続の休みを伝える際は、明確かつ丁寧なコミュニケーションを心がけることが重要です。

ここでは、電話での伝え方の例文を紹介します。カジュアルながらも、尊敬語を使って丁寧に伝えるようにします。

例文:

(電話をかける)
上司:「はい、〇〇(上司の名前)です。」

あなた:「お疲れ様です、〇〇(あなたの名前)です。突然のご連絡で申し訳ありませんが、今、少しよろしいでしょうか。」

上司:「何かあったのか?」

あなた:「実は、昨日から体調を崩してしまい、医師の診断の結果、2日間の安静を命じられました。そのため、大変恐縮ですが、〇〇日と〇〇日は休暇をいただきたいと思います。」

上司:「そうか、体調が悪いのか。わかった、休むといい。」

あなた:「ありがとうございます。業務については、〇〇さんに一部引き継ぎの手配をしております。緊急の事態があれば、〇〇さんまたは私の携帯(〇〇)にご一報いただけますと幸いです。」

上司:「了解した。体を大事にしてな。」

あなた:「はい、ご心配をおかけし、申し訳ございません。復帰次第、改めてご連絡いたします。ありがとうございました。」

このように話すことで、体調不良による休暇の必要性を伝えつつ、業務への影響を最小限に抑えるための対策を説明することができます。

また、感謝の気持ちと謝罪を忘れずに伝えることで、職場との良好な関係を維持することができるでしょう。

2日連続で休む言い方|バイト

バイトを2日連続で休む必要がある時、どのように伝えれば良いのか悩むことがありますよね。カジュアルな職場であっても、正直かつ丁寧に事情を伝えることが大切です。初めての読者にもわかりやすく、以下に具体的な伝え方のポイントと例文を示します。

直接、可能ならば電話で伝える

メールやLINEよりも、電話で直接伝えた方が誠意が伝わりやすいです。

休む理由を簡潔に説明する

「体調不良」や「家庭の事情」など、具体的な理由を簡潔に伝えましょう。

復帰予定を伝える

「○日には回復する予定です」といった形で、いつ頃復帰できそうかの見通しを伝えると良いです。

感謝の気持ちと謝罪を忘れずに

ご迷惑をおかけすることに対する謝罪と、理解してもらえることへの感謝の気持ちを伝えましょう。

例文:

(電話をかける)
店長:「はい、〇〇カフェです。」

あなた:「お疲れ様です、〇〇(あなたの名前)です。突然の電話で申し訳ないのですが、実は体調を崩してしまい、明日と明後日、2日間休ませていただくことは可能でしょうか?」

店長:「そうか、大丈夫か?体調が悪いのなら仕方ないな。」

あなた:「はい、医師からも2日間の安静を言い渡されてしまいました。復帰は○日を予定しています。この期間のシフトについては、可能であれば他のスタッフにお願いしたいのですが…。」

店長:「わかった、体を大事にしてな。復帰したらまた連絡してくれ。」

あなた:「はい、ありがとうございます。本当に申し訳ありません。ご迷惑をおかけしてしまい、感謝しています。」

このような流れで、自分の状況を誠実に伝えることで、理解と協力を得やすくなります。休む際には、周囲への配慮と感謝の気持ちを忘れずに、適切な対応を心がけましょう。

当日に会社を休む言い訳とは?

当日に会社を休む際に使える言い訳には、いくつかのタイプがあります。

急な体調不良

例えば、「朝起きたら熱が出ていて…」といった具体的な症状を伝えることで、緊急性を理解してもらえます。

家族の急用

「家族が急に体調を崩してしまい、病院に付き添わなければならない」という状況も、理解してもらいやすい言い訳の一つです。

交通機関のトラブル

「電車が遅延していて間に合わないかもしれません」という言い訳は、特に通勤時間帯に起こり得る事態です。

重要な用事が入った

「急な公的な手続きが必要になり、対応せざるを得ない」という場合もありますが、このタイプの言い訳は使用頻度に注意が必要です。

注意点:

信憑性を保つ

言い訳をする際には、実際の状況を踏まえて、誠実さを持って伝えることが大切です。嘘がばれると信頼を失う原因になります。

事前に連絡する

可能な限り早めに、直属の上司に連絡を入れることで、職場での対応がしやすくなります。

復帰後の対応を忘れずに

休んだ後は、適切なフォローアップを行い、業務に積極的に取り組むことで、周囲の理解を得やすくなります。

これらの言い訳は、緊急時に限り使用することが望ましく、頻繁に使うと信頼を損ねる可能性があることを心に留めておきましょう。

何日連続で休むとクビになる?

「何日連続で休むとクビになるのか?」という疑問は、多くの働く人が持つものかもしれません。ここでは、一般的なガイドラインとして、具体的ないくつかのポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 会社の就業規則をチェック
  • 無断欠勤は避ける
  • 事情を明確に説明
  • 医療証明書などの証拠を提出

最終的には、会社の規定や状況、個々の事情によって異なります。ですが、通常、数日の欠勤で即座に解雇されることは少ないです。

ただし、連絡なしの欠勤や説明が不十分な場合は、職場に与える影響が大きくなります。職場との信頼関係を保つためにも、適切な対応が必要です。

2日連続で休む言い方の総括

Summary of ways to say to take two days off in a row

  • 2日連続で休む際は体調不良が最も通りやすい理由とされる
  • 具体的な症状を伝えることで説得力が上がる
  • 必要に応じて診断書の提出を検討する
  • 復帰の見通しを伝え、職場の理解を促す
  • 正直かつ誠実な伝え方が信頼関係を保つ鍵となる
  • メールで伝える場合は件名を明確にする
  • 宛先と自分の状況を簡潔に説明する
  • 症状と医師の診断を具体的に記述する
  • 復帰予定日と業務の引き継ぎ状況を明記する
  • 風邪で休む2日目の連絡では最新の体調を報告する
  • 医師のアドバイスや休養の必要性を共有する
  • 事前に休む理由を伝えることで職場の準備を促す
  • 休む日付と業務の引き継ぎ計画を提案する
  • 休む連絡は早めに行い、具体的な理由を伝える
  • 復帰予定と連絡手段を明確にする
  • 長期休暇の場合は診断書の提出が必要な場合がある
タイトルとURLをコピーしました